債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 過払い給与、全額返納要求へ 道教委。

過払い給与、全額返納要求へ 道教委。

報道によると、 会計検査院が道内公立小中学校の教職員の不適切な勤務を指摘した問題で、道教育委員会は10日、過払いとされた給与について、国が負担した3分の1だけでなく道負担分を含めて全額の返納を、該当の教職員に求める方針を明らかにした。

応じない場合は法的措置も検討するという。

 道議会決算特別委員会で柿木克弘氏(自民党・道民会議)の質問に答えた。

 会計検査院の指摘によると、172校647人の教職員に勤務時間が守られていないケースなどが見つかり、義務教育費の国庫負担金234万円を含む703万円の給与が過払いとされた。

 納入納付書を送って返納を求め、期限内に納められない場合は督促状を出す。それでも応じない場合は「法的手段も検討しなければならない」としている。

 学校名や個人名などについては、地域や児童生徒への影響も考慮して公表はしないという。

タグ:


ひとつ前のニュースは「クレディセゾン(8253) 株価は当面の改善傾向を織り込んだ。」です。

次のニュースは「消費者金融の利用者は注目!“過払い金返還手続き”って知ってる?」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結