債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > クレディセゾン(8253) 株価は当面の改善傾向を織り込んだ。

クレディセゾン(8253) 株価は当面の改善傾向を織り込んだ。

報道によると、  クレディセゾン(8253)は11月9日に、クレジットコストの低下などを理由に通期の営業利益予想を245億円(前期比10.5%減益)→365億円(前期比33.3%増益)に上方修正したが、野村証券は投資判断を「Buy」→「Neutral」に引き下げた。

目標株価は1,600円を継続。
 貸金業法の影響一巡と債権管理強化による債権の良質化や弁護士などによる介入件数の鎮静化などから、クレジットコストはノーマライズ水準に近づいた。
 一方、キャッシング取扱高も底打ち感が出ている。
 ファンダメンタルは想定通り改善しつつあるものの、現在の株価は、当面の良化傾向を織り込んだと指摘。

 メリルリンチ証券は「アンダーパフォーム」継続で、目標株価は1,360円→1,440円に引き上げた。本業のカードショッピング収益は弱含むと指摘。

タグ:


ひとつ前のニュースは「厚年基金過払い、5年分の返還を決定」です。

次のニュースは「過払い給与、全額返納要求へ 道教委。」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結