債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 配当返還求め創業家提訴=07年以降の129億円-破綻した武富士

配当返還求め創業家提訴=07年以降の129億円-破綻した武富士

報道によると、  会社更生手続き中の武富士は5日、創業家の大株主3人と関連企業を相手取り、2007年3月期以降の4年間で不当に受け取った配当金129億4000万円の返還を求める訴訟を東京地裁に起こしたと発表した。

武富士の管財人は、返還金を債権者への弁済原資に充てる方針。
 同社は、利息制限法の上限金利を超える「グレーゾーン(灰色)金利」を事実上認めないと判断した06年の最高裁判決後も、グレーゾーン金利によって得た利益で創業家など株主への配当を続けた。しかし、管財人が過去の貸付金を利息制限法に基づいて再計算したところ、当時、配当できる利益はなかったという。

タグ:


ひとつ前のニュースは「武富士管財人、創業家・旧役員に損賠請求訴訟」です。

次のニュースは「資金調達環境の悪化が後押し プロミスが三井住友子会社へ」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結