債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 【速報】新たに広島県内23人追加提訴 武富士の過払い金返還

【速報】新たに広島県内23人追加提訴 武富士の過払い金返還

報道によると、  消費者金融大手の武富士が昨年9月に経営破綻し、払い過ぎた利息(過払い金)が返還されなくなったのは経営陣の責任として、広島県内の債権者と遺族が創業者の故武井保雄元会長の次男の元副社長ら3人に損害賠償を求めている訴訟で、新たに23人が28日、計約2678万円の損害賠償を求めて広島地裁に追加提訴した。

 

全国集団訴訟の一環で、広島地裁での提訴は3回目。原告は計105人、請求額は計約1億5513万円となった。

タグ:


ひとつ前のニュースは「警察官による男性制圧死 県、5035万円賠償へ 三重」です。

次のニュースは「三井住友銀、プロミスを子会社化へ 過払い金処理に財務基盤強化」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結