債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 中国事業者向けローン プロミス、年内にも

中国事業者向けローン プロミス、年内にも

報道によると、 消費者金融大手のプロミスは年内にも中国で無担保の事業者向けローンを始める。

運転資金や設備投資のお金を必要としている事業者を対象に最長3年間、融資上限600万円として貸し出す。消費者金融が中国で無担保の事業者向けローンを手がけるのは初めて。

 プロミスは昨夏に消費者金融で初めて中国本土に進出。深セン市などに7カ所の営業拠点を構える。個人の消費者には平均単価20万円で無担保融資を実行している。約1年の営業を通じ、現地の事業者にも無担保の資金ニーズがあると判断。企業の資金繰りや事業計画などを見極めたうえで貸し出す計画だ。

 中国では手数料込みで年率40%程度の貸付金利で融資できるという。国内では上限金利などの規制に加え、顧客が過去に払いすぎた利息(過払い金)の返還請求によって経営環境が厳しい。中国などアジアでの事業強化を急ぎ、新たな収益源を確保する狙い。

タグ:


ひとつ前のニュースは「非弁活動事件、広告会社が多重債務者リスト提供」です。

次のニュースは「武富士破綻めぐり 近畿2府4県初提訴」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結