債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 倒産件数:8月は3.6%減 大型破綻で負債は急増

倒産件数:8月は3.6%減 大型破綻で負債は急増

報道によると、 東京商工リサーチが8日発表した8月の全国の企業倒産件数は前年同月比3.6%減の1026件で、4カ月ぶりに前年同月を下回った。

ただ「和牛オーナー制度」が行き詰まった畜産会社、安愚楽牧場など大型倒産が2件あったため、負債総額は4.2倍の7940億円に達した。

 東日本大震災の被災企業を対象に、不渡り処分を猶予する措置が導入されていることなどが影響し倒産件数が減った。東京商工リサーチは「中小企業の資金需要が旺盛になる年末にかけて倒産が増加していく可能性が高い」としている。

 産業別では卸売、運輸、不動産、情報通信業などで減少。建設業は4カ月ぶりに前年同月を下回った。農・林・漁・鉱業、サービス業などは増加した。

 安愚楽牧場(負債額4330億円)と消費者金融、SFコーポレーション(同1897億円)が負債総額を大きく押し上げ、2社だけで約8割を占めた。

 震災発生から9月7日までのほぼ半年間で、震災の関連倒産は327件。阪神大震災後の3.6倍のペースという。このほかに、事業停止や破産準備中などを含めた「実質破綻」も36件あった。

タグ:


ひとつ前のニュースは「【トップは語る】ジャックス社長・春野伸治さん(58)」です。

次のニュースは「武富士債権者照会で苦情続出」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結