債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 岡山・香川93人、武富士遺族ら提訴

岡山・香川93人、武富士遺族ら提訴

報道によると、会社更生手続き中の武富士の創業者遺族らに対し、岡山、香川2県の借り手計93人が1日、過払いとなっている利息計約1億7922万円の返還を求める訴訟を岡山地裁に起こした。

 

代理人弁護士によると、同様の訴訟は全国12地裁で提訴されている。この日の提訴分を合わせると、原告約1400人、請求総額約32億円となった。

 訴状は、遺族らは利息制限法で定められた上限を超える利息を取り立てていたのを知りながら、放置した責任があると指摘。過払い金返還債務の大半を会社更生手続きで免れようとしていると主張している。

 原告は30~70代で、過払いの最高額は999万円。中には武富士と30年以上取引を続け、今回の更生手続きの案内で、初めて過払いがあったことを知った人もいたという。

 弁護団長の則武透弁護士は「血のにじむような思いでお金を返した人の人生を犠牲にして、一族は巨万の富を築いた。こんな不正義を許してはいけない」と話している。

 弁護団は2~3カ月後に追加提訴を予定している。希望者は岡山パブリック法律事務所「武富士1万人訴訟岡山弁護団事務局」(086・231・1188)へ。

タグ:


ひとつ前のニュースは「武富士:更生法申請 過払い、67人が損賠提訴 /静岡」です。

次のニュースは「武富士創業家を提訴 道内18人 過払い5千万円請求 札幌地裁」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結