債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 日本振興銀破綻:整理回収機構、元会長らを提訴

日本振興銀破綻:整理回収機構、元会長らを提訴

報道によると、昨年9月に経営破綻した日本振興銀行による商工ローン大手「SFCG」(破産手続き中)からの債権買い取りを巡り、債権を引き継いだ整理回収機構は23日、取締役会で買い取りを承認した振興銀元会長の木村剛被告(49)=銀行法違反(検査忌避)で起訴=ら旧経営陣7人に総額50億円の賠償を求めて東京地裁に提訴した。

機構側は「高利で借り入れざるを得ない債務者に対する債権で、不履行になるリスクが高く、額面通りの価値がないことは明らかなのに額面で大量に買わせた」などと主張している。

 7人のうち3人は社外取締役。元社長で作家の江上剛(本名・小畠晴喜)氏と自民党の平将明衆院議員(比例東京)も含む。いずれも振興銀と責任限定契約を結んでいたが、機構側は「悪意、重大な過失がある」と判断し被告に加えた。振興銀は07年12月~09年1月、SFCGから連帯保証付きの貸し付け債権の額面買い取りを計17回実施。総額は約1705億円にのぼり、振興銀破綻を招く要因となった。

タグ:


ひとつ前のニュースは「準大手消費者金融のSFコーポレーションが破産、負債1897億円」です。

次のニュースは「旧三和ファイナンス破産=負債1897億円、今年2番目」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結