債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 消費者金融3社、4~6月期黒字に

消費者金融3社、4~6月期黒字に

報道によると、消費者金融大手3社の2011年4~6月期の連結決算が11日出そろい、最終損益がいずれも黒字になった。

貸金業への規制を強めた改正貸金業法の完全施行を受け、売上高に当たる営業収益は減ったものの、有価証券の評価損や希望退職に関連した特別損失の減少で黒字を確保した。

 純利益はアコム(8572)が160億3000万円、プロミス(8574)が40億3000万円、アイフル(8515)が21億9500万円だった。顧客が過去に払いすぎた利息(過払い金)への返還金は3社合計で734億円となり、武富士が経営破綻した影響で高止まりしている。3社の利息返還に関連する引当金残高は2000億円台だったが、返金ペースが落ちないと積み増しを迫られる可能性もある。

タグ:


ひとつ前のニュースは「大学生5万人が借金地獄、消費者金融から計800億ウォン借りる」です。

次のニュースは「アイフル(8515)連結純利益3.2%増で買い優勢」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結