債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 韓国大学生の消費者金融からの借金総額800億ウォン

韓国大学生の消費者金融からの借金総額800億ウォン

報道によると、 金融監督院は消費者金融40カ所の大学生向け貸付実態を全数調査した結果、6月末現在で大学生4万7945人の貸付残高は794億6000万ウォン(約57億9469万円)となったと4日に明らかにした。

一部重複した貸付を除いても大学生1人当り160万~170万ウォンを消費者金融から借りていることになる。

今回全数調査の対象になった業者は個人向け信用貸付を主にしている所で、全消費者金融の信用貸付市場の80~90%を占めている。

消費者金融の大学生向け貸付は昨年6月末の3万494人、565億8000万ウォンと比べ人数は57.2%、金額は40.4%増加した。

このうち元利金を適時に返済できず滞納された貸付金は118億1000万ウォンで、1年前より77.5%増えた。

金融監督院は下半期の消費者金融検査で大学生向け貸付実態を集中的に点検し違法行為を厳しく指導する方針だ。

タグ:


ひとつ前のニュースは「楽天、カード事業再編で特損759億円 4~6月に計上」です。

次のニュースは「福岡でも武富士創業家を提訴 過払い金賠償求め41人」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結