債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士、過払い金弁済率3.3% 15日に更生計画案提出

武富士、過払い金弁済率3.3% 15日に更生計画案提出

報道によると、 会社更生手続き中の武富士は14日、過去に払いすぎた利息(過払い金)の返還を求めている顧客などに対し、返金の弁済率を3.3%とする方針を固めた。

社債なども含めた負債総額が約1兆5000億円に達したためで、顧客が手にできる額は大幅にカットされる。15日に提出する会社更生計画案に盛り込む。

 武富士は昨秋に会社更生法の適用を申請。過払い金の返還が重荷となり経営が行き詰まった。返金を求めた顧客が約91万人と膨大な数に上ったため、負債総額が膨らんだ。返金できる原資が限られるため、3.3%という低い弁済率になる。

 今後は約91万人に書類を送り、年末ごろから返金を始める計画。今後、本社売却などによって資金が得られれば、2回目の弁済もあり得る。

 今回の弁済条件に基づくと、仮に1000万円の申し出であれば返金は33万円になる。帝国データバンクによると、過去に会社更生法の適用を申請した上場会社の弁済率の平均は25%。負債が膨らんだ武富士の弁済率は平均より低い。

タグ:


ひとつ前のニュースは「【話題株】丸井グループは証券会社の支店長クラス応援の可能性」です。

次のニュースは「“逃げ得”を絶対に許すな!武富士創業家を追い詰める「1万人訴訟」計画が発動」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結