債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士:過払い金、県内68人が集団提訴 1億9700万円を請求 /静岡

武富士:過払い金、県内68人が集団提訴 1億9700万円を請求 /静岡

報道によると、 消費者金融大手「武富士」(会社更生手続き中)の創業者の遺族3人を相手取り、支払い過ぎた利息の返還を求め県内の債権者68人が6日、総額約1億9700万円の損害賠償を求める訴えを静岡地裁に起こした。

同様の訴訟は6月30日に全国8地裁で一斉に行われ、静岡地裁で9件目。

 訴状によると、武富士の創業者、故武井保雄元会長の次男ら3人は、96年10月の名古屋高裁判決などで利息制限法を超える金利が違法と認められたにもかかわらず、高金利での貸し付けと取り立てを継続したとしている。

 提訴後に会見を開いた弁護団の二宮仁団長は、「原告は厳しい取り立てを受け不必要に多くお金を払った。一方、創業者一族は会社をつぶして逃げようとしている。絶対に許せない」と話した。

 武富士には、会社更生手続きの管財人が認めただけでも約1・3兆円の過払い金債務がある。7月15日までに債務に対する配当率が確定する見込み。弁護団は、「過払い金の返還を求める人は債権届を出す必要があり、早めに県弁護士会(054・252・0008)に相談してほしい」と話している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「海外の社債保有者グループ、武富士清算を求める計画を裁判所に提出=関係筋」です。

次のニュースは「経営破綻の消費者金融「武富士」 元顧客ら創業家を集団提訴」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結