債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 新生銀、「レイク」の名前でカードローン展開 10月から

新生銀、「レイク」の名前でカードローン展開 10月から

報道によると、新生銀行は22日、連結子会社の新生フィナンシャルが展開している個人向け無担保ローン事業の一部を譲り受け、新たに銀行本体で「レイク」ブランドを使った個人向け無担保カードローンサービスを10月1日をめどに始めると発表した。

 新生銀は、新生フィナンシャルから「レイク」ブランドや全無人店舗、自動契約機、専用ATM(現金自動預払機)などを取得する。ただ、過払い金返還債務など貸付金業者として締結した貸し付け契約にかかる債権債務は引き継がないという。

 銀行本体でのカードローン展開は、銀行が持つ信用力を活用し、これまで十分に対応できなかった小口の金融ニーズに対応する狙いがある。

 記者会見した新生銀の当麻茂樹社長は「個人サービスは重要分野で、将来の収益への貢献を期待している」と述べた。

タグ:


ひとつ前のニュースは「三菱UFJニコス、最終利益目標220億円維持 12年3月期見通し」です。

次のニュースは「利息返還請求、5カ月連続増加 消費者金融3社」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結