債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 振り込め詐欺:福井県内で多発 公共機関の職員名乗り 県警「注意を」 /石川

振り込め詐欺:福井県内で多発 公共機関の職員名乗り 県警「注意を」 /石川

報道によると、福井県内で5月下旬から公共機関の職員と偽る振り込め詐欺が連続発生しており、県警生活安全企画課が注意を呼びかけている。

 

同課によると、事件は福井県内で5月下旬から約3週間で6件発生。被害金額は約370万円。市役所や社会保険事務所などの職員と名乗り、「医療費の還付金」「年金の過払い金」などの名目で「お金を返すのでATM(現金自動受払機)へ行って」とだまし、携帯電話でATMの操作を指示したという。

 同課は、相手が称した機関に確認したり、不審な電話はすぐに警察に通報することなどを呼びかけている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「武富士:集団訴訟 県内から原告60人、1億5000万円請求へ /和歌山」です。

次のニュースは「武富士創業家を一斉提訴へ 過払い債権者が賠償求め」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結