債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士創業者の遺族らを700人が提訴へ 過払い利息

武富士創業者の遺族らを700人が提訴へ 過払い利息

報道によると、武富士が経営破綻(はたん)したため、過去に払いすぎた「過払い利息」を返してもらえなくなったとして、元利用者約700人が創業者の武井保雄元会長の遺族らに損害賠償請求訴訟を起こす方針を決めた。

 

30日に宇都宮、東京、名古屋、広島、熊本など全国の地裁で一斉に提訴する。かつて取締役だった元会長の長男、次男のほか、元会長の妻も賠償責任を相続しているとして訴える。請求総額は約7億円という。

 武富士は昨年9月に会社更生法の適用を申請し、倒産した。約90万人が総額1兆3800億円の過払い利息の返還を求めているが、返還額は一律9割超カットされ、請求額の5%前後になる見通しだ。

タグ:


ひとつ前のニュースは「アイフル:テレビ広告再開、顧客開拓で6月下旬から-収益体質改善」です。

次のニュースは「武富士:集団訴訟 県内から原告60人、1億5000万円請求へ /和歌山」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結