債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > アイフル:テレビ広告再開、顧客開拓で6月下旬から-収益体質改善

アイフル:テレビ広告再開、顧客開拓で6月下旬から-収益体質改善

報道によると、6月15日(ブルームバーグ):消費者金融アイフルは休止していたテレビ広告を近く再開する。新規顧客の開拓により融資残高を増やして利息収入を底上げし、利益を確保できる体質への転換を進める。

同社は昨年9月の武富士破綻後の11月ごろから全国のテレビスポットCMを中断していた。

アイフルは早ければ6月25日にも約7カ月ぶりに全国でテレビコマーシャルを再開する計画だ。広報担当の竹倉耕平氏は「他社との競合上、最低限の広告はしていかないとトップライン(融資残高)、顧客獲得に影響が出る」と述べた。通勤電車内での広告なども検討する。

  同社は貸出上限金利引き下げなどの規制強化や、顧客からの過払い利息返還請求を受けて資金繰りが悪化し、私的整理の一種であるADR(裁判外紛争解決)手続きを通じて経営を再建中。銀行などから受けている融資返済や社債の償還資金を確保する必要がある。

アイフルではADRが承認された2010年3月期の2951億円の赤字に続き、リストラを進めた11年3月期も319億円の赤字だった。収益拡大を目的に昨年1月から一時CMを再開したが、武富士破綻後はCMがかえって過払い請求を誘発して経営を圧迫することなどへの懸念からテレビスポットCMを止めていた。

15日のアイフル株終価は前日比1円(1%)高の102円。一時マイナスとなる場面もあったが、テレビCM再開の報道があった午後2時半以降、上昇に転じた。同業のアコムやプロミス株は下落して終了した。

タグ:


ひとつ前のニュースは「大震災3カ月 失業12万人 雇用の手当てが急務」です。

次のニュースは「武富士創業者の遺族らを700人が提訴へ 過払い利息」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結