債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 消費生活相談:昨年度、「過払い」「多重債務」倍増--姫路 /兵庫

消費生活相談:昨年度、「過払い」「多重債務」倍増--姫路 /兵庫

報道によると、姫路市消費生活センターに昨年度寄せられた新規相談のうち、フリーローンや消費者金融に関するものが460件と、前年度(199件)から倍増したことがわかった。

大手消費者金融会社の破綻に伴う過払い金返還についての相談や多重債務、金利・利息に関するものが目立った。年間の総件数は3702件で、234件減少した。

 フリーローンと消費者金融に関する相談の年代別内訳では、40代が104件で最多。以下50代91件▽60代85件▽30代74件--と中高年層が大半を占めた。

 全相談中、最も多かったのは前年度と同様、デジタルコンテンツ(インターネットによる情報サービス)関係の489件。4件減ったものの、「無料サイトに接続したつもりが高額の利用料を請求された」などの相談が寄せられた。一方、東日本大震災に伴い、「被災地への旅行のキャンセル料を請求された」「通信販売の注文品が届かず、業者と連絡がとれない」といった相談も15件あった。

 センター(079・221・2110)の相談受付時間は平日午前9時~正午、午後1~5時。

タグ:


ひとつ前のニュースは「二重ローン、債権価格で調整難航も 政府・民主の検討本格化」です。

次のニュースは「過払い利息の返還請求が減少=復活の日は遠く-消費者金融」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結