債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士破たん以来初の消費者金融債、アコムが2年債発行へ

武富士破たん以来初の消費者金融債、アコムが2年債発行へ

報道によると、5月24日(ブルームバーグ):2010年9月に武富士が破たんして以来初となる消費者金融債が近く発行される見通しだ

。事情に詳しい関係者が明らかにしたところによると、アコムは2年債の発行準備を再開。発行額は100億円程度で、条件決定は今週後半を予定している。

  主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券による投資家の需要調査では、発行金利の上下幅が、円スワップレートに320ベーシスポイント(1bp=0.01%)から340bp上乗せした水準。償還年限の近い13年6月満期の6年債流通利回りは、このところの市場の需給改善で23日には334bpまで低下した。10年1月に発行した2年債の上乗せ金利は同290bpだった。

  アコムは、東日本大震災後の市場の混乱で、3月の起債を一時延期していた。5月からは、投資家が社債全般に求める金利の上乗せ幅が縮小傾向を鮮明になっている。CMAニューヨークによるアコム債の5年間保証コストも1年ぶりの低水準となっている。

  みずほ証券の野村朗クレジットアナリストは、大震災の影響で社債市場では供給が限られていたため、今後は投資家の需要が見込まれ、企業が起債をしやすくなると指摘。また、4月の利息返還請求件数が低下したことも起債環境の改善につながっているとみている。

  アコムの大澤正人広報担当は、今回の起債について「検討しているのは事実」と認めたが、詳細についてはコメントを控えた。。(

タグ:


ひとつ前のニュースは「法令、倫理問題での倒産2割増=武富士、振興銀など-帝国データ調査」です。

次のニュースは「二重ローン、債権価格で調整難航も 政府・民主の検討本格化」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結