債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 相談が解決への早道

相談が解決への早道

報道によると、県民生活センター八重山分室が10年度に受けた消費者からの相談件数は前年を57件下回る399件。

ピークだった04年度から半減した。だが、自己破産に至った消費者金融などからの借金や、子どもの携帯にまで及んでいるアダルト情報サイトや出会い系サイトからの料金請求など相談内容は依然深刻。トラブルを早めに解決するためにも1人で悩まず「まず相談を」。

八重山3市町の厚生年金保険は2010年3月末現在、受給権者数、年金総額とも前年から12%、9%増加し、県や国の増加率を大きく上回った。石垣年金事務所の蟹川清一所長は18日の石垣ロータリークラブ例会で説明したが、原因については言及せず。根拠となる資料がなく分析できていないためだが、「年金受給者の流入があるかもしれない」と推測。

タグ:


ひとつ前のニュースは「要望書:富士クレジット、行政処分を クレサラ被害者連絡協、近畿財務局に /愛媛」です。

次のニュースは「武富士買収、韓国企業の狙い ちらつく創業・武井家の影」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結