債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 消費者金融大手3社、過払い請求高止まり

消費者金融大手3社、過払い請求高止まり

報道によると、消費者金融大手のアコム、プロミス、アイフルの3社に対し、顧客が過去に払いすぎた利息(過払い金)の返還請求件数が高止まりしている。

3月は3社合計で4万件台になったもようで、過去最高だった前月に続いて高い水準になった。各社は請求ペースを踏まえ、返還金に関する引当金が必要かどうかを本格的に検討している。

 3月の請求件数は各社ともに1万5000件程度となり、3社合計で4万件台半ばとみられる。前月は経営破綻した武富士に利息返還を求める受付期限と重なり、3社合計で4万7000件強と過去最高になった。3月も引き続き高い水準で推移し、実際の返還金の支払いも増加した。

 こうした状況を受け、大手3社は5月に予定する2011年3月期の決算発表までに、追加の引当金が必要かどうかを会計士と精査している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「消費金融「丸和」破綻」です。

次のニュースは「破綻した丸和商事の再生手続き開始が決定 静岡」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結