債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 日本信用情報機構、被災者の延滞登録緩和

日本信用情報機構、被災者の延滞登録緩和

報道によると、 貸金業者から融資を受けた顧客の信用情報を取り扱う日本信用情報機構は29日、東日本大震災の被災者向けに延滞登録を緩和すると発表した。

加盟する消費者金融やカード会社など1600社が合計2億1600万件の信用情報を共有。被災によって入金が遅れた場合は、加盟する業者に数週間~数カ月の延滞を認めるよう通知を出した。

タグ:


ひとつ前のニュースは「10年分の法人税還付を請求=過払い利息で得た利益課税分-武富士管財人」です。

次のニュースは「武富士、負債1兆3000億円に 過払い金請求拡大」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結