債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > クレディセゾン(8253) 消費センチメントの悪化は懸念材料。(UBS証券)

クレディセゾン(8253) 消費センチメントの悪化は懸念材料。(UBS証券)

報道によると、UBS証券は3月15日のレポートで、クレディセゾン(8253)を投資判断「Neutral」で目標株価は1,600円、「Least Preferred」に追加した。

 過払いリスクは後退しているものの、キャッシング収益の減少を補うショッピングの成長力強化には課題が残ると考察。

 1月のカードショッピング取扱高は前年同月比2.8%増と回復しているものの、プレミアム戦略にも力を入れており、消費センチメントの悪化は懸念材料だろうと解説。

タグ:


ひとつ前のニュースは「過払い金:プロミス国保税充当返還訴訟 佐世保市が勝訴 /長崎」です。

次のニュースは「過払い金:プロミス国保税充当返還訴訟 佐世保市が勝訴 /長崎」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結