債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 三菱UFJなどニコスに1000億円支援

三菱UFJなどニコスに1000億円支援

報道によると、クレジットカード最大手、三菱UFJニコスに対し、親会社の三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と農林中央金庫が約1000億円の金融支援を行う方針を固めたことが23日わかった。

 

第三者割当増資にMUFGが約85%、農林中金が約15%の出資比率に沿って応じる。このうち700億円を顧客への過払い利息返還に備えた引当金に充てる。引当金は現在の2倍の1400億円規模となる。

 24日に正式決定し、MUFGはニコスの過払い利息への対応に一区切りをつける。同時に財務体質強化のため、人員や拠点の削減も進めるもようだ。

 2006年の最高裁判決を受けて過払い利息返還請求が増え、ニコスの経営環境は急速に悪化。10年3月期は462億円の最終赤字となり、10年9月中間期も70億円の赤字だった。

 またニコスは4月1日付で、佐々木宗平社長(61)が代表権のある会長となり、和田哲哉副社長(56)が社長に昇格する人事を固めた。

タグ:


ひとつ前のニュースは「ニコスが1千億円の増資 三菱UFJが支援」です。

次のニュースは「三菱UFJニコスが1000億円の増資で“反転攻勢”へ」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結