債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 過払い利息返還請求呼び掛け

過払い利息返還請求呼び掛け

報道によると、 経営破綻した消費者金融大手「武富士」に、払い過ぎた利息(過払い金)の返還を求める債権届け出の期限が今月末に迫っている。

被害者支援をする弁護士たちは、広島市内だけでも1万人近い人がまだ届け出ていないと推定。早めの対応を呼び掛けている。

 過払い金とは、借り手が利息制限法の上限金利(最高20%)を超えて払った利息分。貸金業者は請求されると返還しなければならない。同社の場合、利用者の大半が対象となる見込み。会社更生法の適用を申請した昨年9月時点で、同社の保全管理人は、対象者を百数十万人から200万人としていた。

 広島の武富士被害対策弁護団の板根富規団長によると、今も1日3、4件の問い合わせがあるという。

 届け出は、月末までに同社に電話することが必要。その後、書類が届き、2週間以内に返送すればよい。板根弁護士は「一度でも借りた人は対象となる可能性が高い。まずは届け出て」と呼び掛けている。

 同社フリーダイヤル(0120)938685など(平日のみ)。

タグ:


ひとつ前のニュースは「過払い金の返還請求 増加続く」です。

次のニュースは「消費者金融の貸付残22%減 総量規制、武富士破綻で」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結