債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > クレセゾン営業益45%減 4~12月、過払い金の引き当て増

クレセゾン営業益45%減 4~12月、過払い金の引き当て増

報道によると、クレディセゾンは、前年同期比45%減の170億円程度になったもようだ。

足元では過去に払いすぎた利息(過払い金)の返還請求は急増していないものの、昨年6月の改正貸金業法の完全施行を受け、返還請求に対する引当金を保守的に積んだことが影響した。

 売上高に当たる営業収益は6%減の2200億円程度になったもよう。改正貸金業法の完全施行をにらみ融資を絞り込んだことで、キャッシング部門が減収となったことが響いた。主力のカードショッピング事業では家電向けなどが好調で全体の取扱高は増加。単価の高いプレミアムカードの拡充などの施策も奏功した。

タグ:


ひとつ前のニュースは「武富士:3月10日に再建スポンサー最終入札、本社ビル売却も-管財人」です。

次のニュースは「三菱UFJは純利益2・5倍 全5グループが増益確保 」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結