債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士役員らを集団提訴へ 過払い金賠償、4月にも

武富士役員らを集団提訴へ 過払い金賠償、4月にも

報道によると、 会社更生手続き中の消費者金融大手、武富士の役員経験者らに対し、借り手の過払い金相当額の損害賠償を求める集団訴訟を弁護士らが4月に起こす準備を進めていることが22日、分かった。

 

弁護士らでつくる「武富士の責任を追及する全国会議」(代表・新里宏二弁護士)は、過払い金債権者に訴訟への参加を呼び掛けており、1万人規模の原告団を結成する考え。

 訴える相手は吉田純一社長ら社長経験者のほか、武井保雄元会長(故人)の長男の元専務俊樹氏、次男の元副社長健晃氏ら創業者一族とする方針。

 全国会議の事務局長を務める及川智志弁護士は「歴代の幹部らは、武富士に顧客から不当な利息を取らせた上、ずさんな経営で会社を破綻させ、過払い金の返還ができないようにした。不正義を許してはならない」と話している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「プロミス、カーコンビニ株全て売却…本業に集約」です。

次のニュースは「過払い利息」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結