債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 振り込め詐欺:過払い電気料返金装う 女性医師、650万円被害--名古屋 /愛知

振り込め詐欺:過払い電気料返金装う 女性医師、650万円被害--名古屋 /愛知

報道によると、 名古屋市昭和区の女性医師(80)が4~5日、電力会社の社員を名乗る男に「払い過ぎた電気料金を返すので、現金自動受払機(ATM)を言う通りに操作してほしい」と電話で指示され、現金約650万円をだまし取られていたことが分かった。

昭和署は新手の振り込め詐欺事件とみて、注意を呼びかけている。

 同署の調べでは、4日午前11時ごろ、女性の自宅に電話があり、男が「電気料金を払いすぎている。返金するので、キャッシュカードと携帯電話を持ってATMに行って」と指示した。男は女性の携帯電話番号を聞き出し、ATMに行く時刻を指定。女性が区内のATMに着くと、男から電話があり、操作方法を指示された。

 女性は4~5日、7回にわたり、計4口座に約650万円を振り込んでしまったという。

 多額の振り込みに気付いた金融機関が女性に確認したため発覚。女性は5日、昭和署に被害を届けた。

タグ:


ひとつ前のニュースは「日弁連が債務整理のルール案…トラブル相次ぎ」です。

次のニュースは「プロミス、カーコンビニ株全て売却…本業に集約」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結