債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 貸金利用者の延滞率じわじわ上昇29.1%に

貸金利用者の延滞率じわじわ上昇29.1%に

報道によると、貸金利用者の資金繰りが厳しくなってきている。2010年12月に借入残高がある利用者のうち、3か月以上返済が遅れている人は29.1%に達したことが、信用情報機関のシー・アイ・シー(CIC)の調べでわかった。11月と比べて、0.4ポイント上昇した。

CICによると、10年12月20日時点で借入残高のある貸金利用者数は1490万人で、このうち434万人に3か月以上の延滞が認められた。集計をはじめた10年4月の貸金利用者数は1531万人。このうち、412万人に3か月以上の延滞があった。延滞率は4月と比べて、2.2ポイント上昇した。借入残高の総額は減ってきているが、延滞者は少しずつ増加している。

10年6月に完全施行された改正貸金業法によって、年収の3分の1以上の借り入れができなくなったこと(総量規制)や、消費者金融業者らが融資審査を厳しくしていることなどが原因とみられる。

CICはクレジットカードや信販会社、消費者金融、リース業など約1000社以上が利用する、割賦販売法・貸金業法に基づく指定信用情報機関

タグ:


ひとつ前のニュースは「改正貸金業法の完全実施」です。

次のニュースは「アーバンエステート  過払い計27億円超」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結