債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士役員らに返還求め提訴 過払い利息めぐり

武富士役員らに返還求め提訴 過払い利息めぐり

報道によると、経営破綻し会社再建中の消費者金融大手、武富士(東京)の借り手で新潟、山形両県の男女7人が21日、同社の役員や監査役ら5人に払い過ぎた利息計約870万円の返還を求め、新潟地裁に提訴した。武富士本体ではなく、役員個人を被告とした返還請求訴訟は珍しい。

 

訴えによると、7人は武富士から金を借り、今年8月までに返済。最高裁が「利息制限法の上限(年利15~20%)と出資法の上限(同29・2%)の間に設定されたグレーゾーン金利は無効」との判断を示した2006年以降、払い過ぎた利息を返すよう求めている。

 武富士は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「武富士役員5人を提訴=過払い利息の返還請求-新潟」です。

次のニュースは「“クレジット現金化”消費者庁が注意喚起」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結