債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 過払い金相談が過去最高 11月4.4倍、武富士破綻で

過払い金相談が過去最高 11月4.4倍、武富士破綻で

報道によると、 日本貸金業協会が17日まとめた11月の相談内容内訳によると、顧客が過去に払いすぎた利息(過払い金)に関する問い合わせが前年同月比4.4倍の470件と過去最高になった。

武富士の経営破綻を受け、顧客が過払い金の返還請求を急ぐ動きが広がっているためだ。

 過払い金に関する相談件数は2008年夏から調査。今夏までは毎月100件台で推移したが、武富士が9月に会社更生法の適用を申請してから急増している。相談内容は融資、返済、ヤミ金など約20項目あるが、11月は過払い金への相談件数が2番目に多かった。

 同時に公表した10月の消費者向け無担保貸付額(59社)は前年同月比51.4%減の2261億円だった。減少率は過去最大。消費者金融専業、カード会社ともに前年比半減となり、厳しい経営環境が続いている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「東京NEWS2010<1>SFCG資産隠し事件 債権者、収まらぬ怒り」です。

次のニュースは「武富士役員5人を提訴=過払い利息の返還請求-新潟」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結