債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士債権者から84件の問い合わせ 県弁護士会が相談会

武富士債権者から84件の問い合わせ 県弁護士会が相談会

報道によると、経営破綻した消費者金融大手・武富士の債権者を対象とした県弁護士会主催の無料相談会が16日、山形市の県弁護士会館で開かれた。

 

武富士への債権届出期間が来年2月28日に決まったことを受け企画した。相談者からは「まだ(武富士側から)債権届出書が来ない」など、電話と面談合わせて84件の問い合わせが寄せられた。

 主な相談内容は「一部の債権者に対し、過払い状態になっていることを通知し、(債権届の)手続きをするよう求めているようだが、うちには連絡がない」や「ほかの消費者金融も武富士のようになるのだろうか」だった。県弁護士会は来年1月にも無料相談を開く予定。

タグ:


ひとつ前のニュースは「三井住友フィナンシャルグループ(8316) 引き続き割安感は強い。」です。

次のニュースは「東京NEWS2010<1>SFCG資産隠し事件 債権者、収まらぬ怒り」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結