債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士のスポンサー選定、15日に1次入札実施へ

武富士のスポンサー選定、15日に1次入札実施へ

報道によると、会社更生手続き中の武富士のスポンサー選定作業で、15日に第1次入札が実施されることが分かった。9日、複数の関係筋が明らかにした。サーベラス[CBS.UL]やローン・スター[LS.UL]など複数の投資ファンドのほかに、金融業のネオラインキャピタル(東京都港区)などが応札する見込みだ。

 

管財人団はすでに投資ファンドや事業会社などに入札実施に向けた資料を配布。応札者は、入札で買収金額や事業計画などを提示する。今後、2次入札を経て、来春をめどに最終的に決まる予定だ。

 関係筋によると、ほかにフォートレス・グループ(FIG.N: 株価, 企業情報, レポート)も応札を検討している。武富士の営業貸付金の残高は約5000億円だが、過払い金返還作業を進める中で大幅にき損している。このため、実際の事業価値がどうなるかは現時点では不明。関係者の1人は「買収金額は600―800億円程度になるのではないか」との見通しを示している。

 スポンサー候補選定のフィナンシャル・アドバイザー(FA)には新生銀行(8303.T: 株価, ニュース, レポート)の起用が決まっている。

 管財人団は「スポンサー選定作業の詳細についてはコメントを差し控える」としている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「利息返還の届け出 武富士、130万人に手紙で通知 」です。

次のニュースは「武富士支援 米ファンド名乗り」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結