債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 利息返還の届け出 武富士、130万人に手紙で通知

利息返還の届け出 武富士、130万人に手紙で通知

報道によると、会社更生手続き中の武富士は12月半ばから、過去に払いすぎた利息の返還請求の権利をもつ顧客に手紙を出し、過払い債権として届け出るよう通知する方針を決めた。

11月から新聞広告などを通じ、返還金の届け出を呼びかけてきたが、さらに周知を徹底する狙い。対象者が約130万人と多いため、ほかの消費者金融大手への返還請求が勢いづく可能性もある。

 武富士は10月末に会社更生手続きが始まり、利息返還金を求める顧客は11月から来年2月の間に過払い債権を届け出る必要がある。これまでに経営破綻前から返還金を請求していた顧客を含めて40万人程度が過払い債権の返還を希望している。すでに返還を求めた顧客にとどまらず、過去10年内に取引があった借り手への通知手法を検討してきたが、自宅に手紙を送ることにした。

 転居などで手紙の一部は顧客に届かないとみられる。過去の取引期間中に自宅への文書送付を断ってきた顧客には、今回も手紙を送らない方針。ただ、そのほかの顧客が今から手紙を送らないよう武富士側に申し出ても、間に合わない可能性がある。

 アコム、プロミス、アイフルなど同業大手と武富士の顧客は2~3割が重複するため、今回の通知を機に他社への返還請求を検討する動きが広がりそうだ。

タグ:


ひとつ前のニュースは「振興銀預金、1千万円超分は25%仮払い 預金保険機構」です。

次のニュースは「武富士のスポンサー選定、15日に1次入札実施へ」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結