債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > プロミス、本社売却検討=武富士破綻で過払い請求急増を警戒

プロミス、本社売却検討=武富士破綻で過払い請求急増を警戒

報道によると、三井住友銀行傘下の消費者金融大手プロミスが、東京・大手町の一等地にある本社の売却を検討していることが28日、分かった。

消費者金融各社は、利息制限法の上限金利を超えた「過払い利息」の返還請求に経営を圧迫され、9月には武富士が破綻(はたん)。その余波で過払い請求が一時的に増える可能性が高まっている。これが想定を超えれば、売却資金で返済原資を充実させて生き残りを図る方針だ。
 本社ビルの名称は「大手町パルビル」(地下3階、地上9階建て)で、敷地は2760平方メートル(約835坪)。プロミスが売却先と賃貸契約を結ぶリースバックなどを検討している。交渉相手には隣接地で再開発計画を持つ三井不動産の名前が挙がっている

タグ:


ひとつ前のニュースは「武富士破綻など経営環境を考慮、アイフルが無人店舗を来年3月まで30店削減」です。

次のニュースは「貸金業者、前年比4割減 法改正で中小零細の倒産続々」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結