債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 大手3行、利益1兆円 9月中間、4年ぶり水準

大手3行、利益1兆円 9月中間、4年ぶり水準

報道によると、 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)など大手銀行3グループの2010年9月中間連結決算の純利益が合計で前年同期の約3倍の1兆円規模となり、金融危機前の06年9月中間決算(計1兆1431億円)以来4年ぶりの水準を回復する見通しとなった。

。国債の売買など市場関連部門が好調だったほか、企業倒産が落ち着いたことで不良債権処理費用が減少したことが利益を押し上げた。

 三井住友FGの純利益は5月時点では1600億円だったが4千億円前後に上方修正する見通しで、週内に発表する。みずほFGは1800億円を見込んでいたが、予想より上振れて3千億円前後を、三菱UFJも当初見込みの1700億円から3千億円程度になる見通しだ。

 市場関連部門では、8月に長期金利が7年ぶりに1%を割るなど低水準となり、国債価格が上昇したことなどで収益が積み上がった。東京商工リサーチによると10年4~9月の企業倒産件数が前年同期より約15%減少したことも業績を下支えした。

 ただ、貸し出し需要の低迷や低金利による利ざやの縮小など本業の経営環境はなお厳しい。最近は円高や海外経済の変調などで景気の先行き不安も強まっている。さらに9月の武富士の破綻はたんを受けて消費者金融などノンバンクの収益環境も不透明で、関連するノンバンク向けに多額の融資を抱える大手行の収益に打撃を与える可能性もある。

タグ:


ひとつ前のニュースは「アイフルがテレビCM休止 」です。

次のニュースは「武富士破綻など経営環境を考慮、アイフルが無人店舗を来年3月まで30店削減」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結