債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 三井住友銀行:奥頭取がプロミスへの支援継続を強調

三井住友銀行:奥頭取がプロミスへの支援継続を強調

報道によると、  全国銀行協会会長を務める奥正之・三井住友銀行頭取は19日の協会定例会見で、同行傘下の消費者金融大手プロミスについて「銀行から社長を送り込み、しっかり支えている。今後も方針に変わりない」と述べ、支援姿勢を強調した。

武富士の経営破綻(はたん)で消費者金融業界の業績悪化懸念が強まり、プロミスの株価も下落していることに対応した。

 消費者金融大手は、利用者が過去に払いすぎた「過払い金」の返還負担が経営を圧迫。武富士は会社更生法適用の申請により、過払い金の返還額を大幅カットする見通しだ。

 一方、プロミスに対する同行の出資比率が約22%で、アコムに対する三菱UFJフィナンシャル・グループの出資比率(約41%)に比べて低いことが株主の不安を招き、プロミス株は9月下旬から5割以上下落。19日の終値も前日比47円安の368円と年初来安値を更新していた。

タグ:


ひとつ前のニュースは「寝た子を起こす「武富士破綻」 同業他社は過払い金返還増に戦々恐々」です。

次のニュースは「武富士、月内にも更生手続き 再建に向けた作業を本格化」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結