債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士 債権者説明会で旧経営陣へ厳しい声

武富士 債権者説明会で旧経営陣へ厳しい声

報道によると、 会社更生法を申請した武富士は6日、都内で債権者説明会を開きましたが、一般債権者らからは旧経営陣に対して厳しい責任追及の声が相次ぎました。

 

大阪に引き続き、東京で開催された説明会には約500人の債権者や代理人が出席しました。冒頭、吉田社長は、関係者に迷惑をかけたとして陳謝しました。その後、債権者からは過払い金返還額の割引率や時期についての質問が多く出ましたが、詳細については精査中として明言を避けました。出席者のなかには、「創業者の武井一族はばく大な利益をため込んだが、その利益がまったく手つかずなのがおかしい」と創業家への経営責任を追及する声も出ました。武富士は、会社更生法を適用して返還金を大幅に減額したいとしています。しかし、再建を軌道に乗せるためには多くの困難が予想されます

タグ:


ひとつ前のニュースは「武富士:更生法申請 債権者説明会で社長謝罪 大阪で200人参加」です。

次のニュースは「「武富士ショックで」ノンバンク厳冬時代突入」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結