債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士:更生法申請 債権者説明会で社長謝罪 大阪で200人参加

武富士:更生法申請 債権者説明会で社長謝罪 大阪で200人参加

報道によると、 会社更生法の適用を申請し経営破綻(はたん)した消費者金融大手の武富士の債権者説明会が5日、大阪市内で開かれた。

利息制限法の上限を超えて支払った利息(過払い金)の返還を求める利用者やその代理人弁護士ら約200人が参加した。非公開だった説明会の冒頭、吉田純一社長が「このような事態に陥り、申し訳ありません」と謝罪。保全管理人が、過払い金の返還額が大幅カットされる可能性を改めて表明するとともに、カット率の確定時期が来夏になる見通しを説明した。説明会は6日にも東京都内で開かれる。

 出席者からは「創業者一族に経営責任がある。一族の保有資産を過払い金返還に充てるべきだ」との意見が出たが、保全管理人は「資産と経営責任の有無は別問題」と答えるにとどまった。

タグ:


ひとつ前のニュースは「武富士、会社更生法申請1週間 返還請求、中小に広がる波紋」です。

次のニュースは「武富士 債権者説明会で旧経営陣へ厳しい声」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結