債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士の利用者らに電話相談窓口 県弁護士会など設置

武富士の利用者らに電話相談窓口 県弁護士会など設置

報道によると、消費者金融大手の武富士が、会社更生法の適用を申請したことを受け、県弁護士会は、武富士の利用者や多重債務者を対象にした緊急の電話相談(052・223・2355)を開く。

 

日時は30日、10月1、4、5、6日の5日間で午前10時~午後4時。弁護士が過払い金の回収方法や、他の業者への対応について具体的にアドバイスする。

 弁護士会は「過払い金の返還で和解しても、支払わなくなっている中小の業者も多い。生活再建に直結する問題なので、必要なら、弁護士会の相談窓口を紹介する」と話す。

 また、消費者金融被害の救済に取り組むNPO法人「愛知かきつばたの会」も10月2日に電話相談(052・916・9131)を受け付ける。午前10時~午後4時

タグ:


ひとつ前のニュースは「武富士:会社更生法適用を申請、負債総額は4336億円に」です。

次のニュースは「貸金業、3000社割り込む=8月末」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結