債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 武富士、過払い利息未請求200万人か

武富士、過払い利息未請求200万人か

報道によると、会社更生法の適用を申請する方向で調整に入った消費者金融大手の武富士は27日、「事業再構築のため、現在、様々な方策を検討し、実施している」とのコメントを発表した。

 

コメントでは「会社更生法の申請は決定していない」としたが、「新たに決定した事実が生じた場合にはただちに開示する」としており、早ければ一両日中にも東京地裁に適用申請を行う方向で詰めの作業を進めている。

 武富士が会社更生法の適用を申請した場合、利息を払い過ぎている顧客は、更生計画が認可される前の一定期間内に届けなければ、原則として返還を受けられない。過払い利息の未請求者は200万人に達し、総額は1・5兆円に達するとの見方もある。武富士は、更生法の申請により、過払い金の圧縮を図る狙いもあるとみられる。

 武富士は、過払い利息の算定などの複雑な実務を進めるために、経営陣の一部を残す「DIP型会社更生」の活用も検討している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「武富士、会社更生法申請を検討 過払い利息返還が重荷か」です。

次のニュースは「武富士:会社更生法適用を申請、負債総額は4336億円に」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結