債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 市が過払い金返済の訴えを起こす議案が可決

市が過払い金返済の訴えを起こす議案が可決

報道によると、 市税を滞納している男性にかわり、伊那市が長野市の消費者金融に対し過払い金返済の訴えを起こす議案が13日、伊那市議会社会委員会で可決されました。

 

市税を滞納している男性が、長野市の消費者金融から借り入れがあり、
利息制限法の上限を越え返済をしていました。

 議案は、伊那市が男性に代わって、
過払い金の返済を求めていくというものです。

 質疑応答で議員からは、「男性との間に委任関係がないのは
法律的にどうなのか」という質問がでたのに対し、
市は「顧問弁護士の判断をあおぐ」としました。

 採決の結果、この議案は出席議員5人全員の賛成で可決されました。

タグ:


ひとつ前のニュースは「「死後支給の年金返還は不当」一人暮らしへの請求で提訴」です。

次のニュースは「破綻の振興銀、純損失2157億円 4~6月期」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結