債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 伊那市が消費者金融相手に訴訟

伊那市が消費者金融相手に訴訟

報道によると、 伊那市は長野市の消費者金融会社に対し、市税を滞納している市民が払い過ぎていた利息を取り返すための訴訟を起こす事を明らかにした。

 31日開会した伊那市議会9月定例会に議案として提出した。

 税務課によると、市税を滞納している伊那市の男性に対し差し押さえ請求をする段階で財産調査をしたところ、預金等がなく長野市消費者金融コムレイドから借り入れがあったという。

 返済する中で、利息制限法の上限年15%から20%を超える過払い金があることがわかった。

 議案は、滞納している男性に代わって、伊那市がコムレイドを相手取り、過払金約355万円と解決に至るまでの5%の利息分の支払いを求めるもの。 

 市では、コムレイドに対し電話や文章などで過払い金の返還を求めたが、相手側が応じないとして、訴訟を起こすことを決めた。

 議案が可決されれば、早いうちに提訴するとしている。

 また、市側は総額およそ2億5千万円を追加する一般会計補正予算案など28議案を提出した。

 補正予算案には西春近の小出一区、唐木、美篶の下県第一、長谷の黒川の集会施設を改修して介護予防拠点施設とする整備事業に1億6千700万円、分杭峠の駐車場転落防止柵設置に約400万円を計上している。

伊那市議会9月定例会は7日8日9日に一般質問、10日、13日、14日に委員会審査が行われ、16日に閉会する。

タグ:


ひとつ前のニュースは「アコム(8572)三菱UFJニコスより事業譲受け 」です。

次のニュースは「「死後支給の年金返還は不当」一人暮らしへの請求で提訴」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結