債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > ヤミ金融:被害額が半減--1~6月

ヤミ金融:被害額が半減--1~6月

報道によると、今年上半期(1~6月)に摘発したヤミ金融に絡む事件の被害額が、昨年同期に比べて半減したことが、警察庁のまとめで2日わかった。

警察庁は、ヤミ金業者に対する取り締まりや、貸金業者に対する過払い金返還請求の広がりなどが背景にあるとみている。 まとめによると、今年上半期に高金利や無登録、恐喝などヤミ金融に関して
摘発した事件の被害者は3万3034人で昨年同期から38・2%減り、被害総額は64億8314万円で53・1%減少した。摘発した事件数は230件(昨年同期比3・8%減)、検挙者は386人(同15・2%減)。

タグ:


ひとつ前のニュースは「改正貸金業法で「総量規制」  3人に1人借り入れ影響 府調査」です。

次のニュースは「改正貸金業法を評価 那覇で九州クレ・サラ交流集会」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結