債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 461万人がローン延滞!?正確なデータなき業界のお粗末

461万人がローン延滞!?正確なデータなき業界のお粗末

報道によると、無担保ローンを3ヵ月以上延滞している「延滞者」が急速に増加して461万人にも達する──。

 消費者金融業界では今、そんな話題で持ちきりだ。これは、主に無担保ローンの契約内容や返済状況といった信用情報を収集・提供する「日本信用情報機構(JICC)」が毎月発表している延滞者数。


 JICCによると、3月から6月頃にかけての急激な増加は、主に「未同意債権」といわれる債権の増加が要因。従来、借り手が希望しなければ、債権や延滞の情報は信用情報機関に登録しないことも可能だったが、改正貸金業法の完全施行に伴って登録が義務化。そのため過去の登録されていなかった債権が一気に登録され、加えて2001年8月に信用情報機関のシーシービーと合併したことで、情報量が急増してしまったというわけだ。

 そもそもこの数字には、消費者金融各社が過去に経理上は償却処理しているものの、JICCに対して登録の抹消を行っていないというものも含まれているようで、「問い合わせも多く、中身を検証している段階」(JICC)。

 景気の長期低迷もさることながら、今回の改正貸金業法の完全施行は総量規制、上限金利の引き下げなどを伴っており、延滞者が増えているのは確か。実際、消費者金融大手各社の延滞比率(金額ベース)は現在10~30%程度で、その比率は上昇傾向にある。

 ただ、それは冒頭で紹介した461万人ではない。現状を把握するためにも、正確な統計の整備が必要だろう。

タグ:


ひとつ前のニュースは「貸金業者の減少加速 貸金業法完全施行などで 」です。

次のニュースは「「公平」徴税 是か非か」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結