債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > アイフル:今第1四半期純利益57%減の21億円に、営業収益の減少や特損が膨らみ減収減益

アイフル:今第1四半期純利益57%減の21億円に、営業収益の減少や特損が膨らみ減収減益

報道によると、アイフル(東:8515)が11日に発表した2011年3月期第1四半期の連結決算によると、純利益は前年同期比57%減の21億円だった。

営業貸付金利息や包括信用購入あっせん収益、信用保証収益の大幅な減少などによる減収と、さらに会計基準の変更にともなう特別損失の膨らみによって大幅な減益となった。

営業収益は34%減の428億円、営業利益は7%減の34億円、経常利益は25%減の29億円だった。

通期業績予想に変更はない。

タグ:


ひとつ前のニュースは「消費者金融、借り入れ申込数3割減 規制強化の6月 大手4社 融資できた顧客数4割減 」です。

次のニュースは「消費者金融:大手4社、借入申込件数が激減…6月」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結