債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 豊岡市:プロミスを提訴 過払い利息、税滞納者へ返還求め /兵庫

豊岡市:プロミスを提訴 過払い利息、税滞納者へ返還求め /兵庫

報道によると、豊岡市は28日、大手消費者金融「プロミス」(東京都千代田区)を相手取り、市税滞納者が過剰に払ったとする利息171万円などの返還を求め、神戸地裁豊岡支部に提訴した。

 市が滞納者の代わりに、業者から支払い義務のないとみられるグレーゾーン金利分を取り戻し、市民の生活再建と滞納解消を図る狙い。同様の訴訟を同市が起こすのは2例目。いずれも弁護士に依頼せずに市職員が訴状を作製する「本人訴訟」で、費用を節約している。

 同市は、市税45万9900円を滞納している市内の50歳代の会社員男性の同社債務を調べたところ、171万4571円の過払い利息があったとしている。男性の返還請求権を昨年11月差し押さえ、同社と交渉したが、不調に終わり、提訴に踏み切った。勝訴した場合、過払い利息は税滞納分をのぞいて男性に返還される。プロミス広報部は「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。

 同市は08年10月にも別の業者を相手取り、滞納者の過払い利息約450万円の返還訴訟を提訴。和解で全額返還を勝ち取っている。また滞納者の多重債務相談一般にも力を入れ、08年度から今月27日まで、市に相談した延べ189人が計3億9000万円の返還を受け、約1億円分の滞納が解消されている。

タグ:


ひとつ前のニュースは「プロミス:今第1四半期、42億円の最終赤字に転落、改正貸金業法の影響で経営厳しく」です。

次のニュースは「改正貸金業法、完全施行1カ月 秋以降は要警戒、特区構想で火種も」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結