債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 多重債務:解決できる 徳島で県民大会、日弁連会長が講演 /徳島

多重債務:解決できる 徳島で県民大会、日弁連会長が講演 /徳島

報道によると、「消費者問題県民大会」が25日、徳島市内のホテルで開かれた。問題の第一人者として知られる日本弁護士連合会長の宇都宮健児弁護士が講演し、多重債務問題の実態や解決策、今後の課題について話した。

 県とNPO法人「県消費者協会」の主催。宇都宮弁護士は、脅迫的な取り立てへの対応策や、債務整理の方法などを紹介し、「生活をやり直す意志があれば必ず借金問題は解決できる」と訴えた。また今後の課題として教育を挙げ、「生きた情報を教えることが重要。お金を借りられることは知っていても、行き詰まったら、どこに行けばいいのか知らない」と指摘した。

 講演後は、飯泉嘉門知事を司会役に、識者らによるパネルディスカッションで意見を交わした。

タグ:


ひとつ前のニュースは「多重債務問題:積極的な働きかけを 市町村の職員対象、自殺対策で研修会 /鹿児島」です。

次のニュースは「改正貸金業法で意見交換 金融庁の全国財務局長会議」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結