債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 無料出張法律相談:身近に弁護士感じて 来月から拡大、県内各地で結果を検証 /奈良

無料出張法律相談:身近に弁護士感じて 来月から拡大、県内各地で結果を検証 /奈良

報道によると、奈良弁護士会は7月から、県内の大型ショッピングセンターやスーパーへ弁護士が出張し、無料で法律相談に乗る取り組みを拡大させる。

買い物中の主婦らに気軽に立ち寄ってもらい、弁護士を身近に感じてもらうのが狙いだ。弁護士数の増加や司法書士など他業種との競合の対策として、新しい客層の掘り起こしも目指している。

 奈良弁護士会はこれまで、奈良市中筋町の奈良弁護士会館や市役所などで無料法律相談を開いてきた。より利用しやすい場所として昨年度、ショッピングセンターで5回程度、無料相談会を開いた。これらの取り組みが好評だったため、今年度から本格的に取り組む。結果を検証し、来年度以降に1年を通して開催するか検討する。
 7月10、11両日に大和郡山市のアピタ大和郡山店、7月31日、8月1日に奈良市のならファミリーで開くなど、10月までに計16回、昼ごろから夕方まで相談会の開催を計画。さらに回数を増やすことも検討している。相談時間は1人30分までとし、予約は不要とする予定。
 新司法試験の合格者数が約2000人になり、弁護士数が増加。奈良弁護士会の会員数も年々増えており、130人を超えた。借金の過払い金の返還請求などでは司法書士とも競合しており、弁護士会の知名度を高め、仕事量を増やすことが課題となっている。鈴木聡・奈良弁護士会副会長は「弁護士はまだまだ敷居が高いと思われている。病気になって医者にかかるのと同じように、生活の中で問題が起きたら気軽に相談してほしい」と話している。

タグ:


ひとつ前のニュースは「改正貸金業法完全施行で金融相 「資金繰り影響に応じ措置」」です。

次のニュースは「プロミス;希望退職者募集で966人が退職、今3月期では68億円特損発生の見込み」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結