債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > プロミス中国進出 年率40%程度で融資

プロミス中国進出 年率40%程度で融資

報道によると、消費者金融大手で、三井住友銀行系のプロミスが中国に進出する。

同社の100%子会社「プロミス香港」と、中国深セン市の現地資本企業の合弁会社となる「深セン市鵬民小額貸款有限公司」が深セン市で、合弁での消費者金融事業の認可を受けた。消費者金融が中国に進出するのは初めてという。

プロミス香港が深セン市鵬民小額貸款に対して資本金の6割(約4億円)を出資。残りの4割を出資し、個人信用情報センターを運営する企業を有する鵬元信評社と合弁契約を結んだ。

深セン市は中低所得者層の資金ニーズに応えることを目的に、外資系企業に消費者金融事業へ参入の門戸を開いており、今後の消費者金融市場としての成長が期待できる。これまで日本で培ったノウハウを生かし、7月にも開業する計画。貸付金利も年率40%程度が見込める。 

タグ:


ひとつ前のニュースは「消費者金融を明和町提訴へ 町民の過払い金返還請求」です。

次のニュースは「改正貸金業法完全施行で金融相 「資金繰り影響に応じ措置」」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結