債務整理ナビトップ > 過払い関連ニュース > 消費者金融を明和町提訴へ 町民の過払い金返還請求

消費者金融を明和町提訴へ 町民の過払い金返還請求

報道によると、明和町は、町税などの滞納分を回収するため、
大手消費者金融会社に対し、町内の税滞納者の男性による同社への
過払い金約75万円の返還を求める訴訟を起こす。

町によると、
同様の訴訟は県内の市町では初めて。18日の町議会定例会に
提訴の方針が提案され、全会一致で可決した。

 町収税対策室によると、男性は5年以上にわたり町・県民税などを滞納。
町の調査で、同社を含めた消費者金融会社2社に、
計約250万を過払いしていたことがわかった。

 町では過払い金返還請求権を男性から差し押さえ、昨年12月、
2社に返還を求めた。1社は約175万円の支払いに応じたが、
もう1社が異議を申し立て、訴訟を起こす方針を決めた。
今後、町の顧問弁護士らと相談し、提訴の手続きを進めていく。

 県内では、2008年に県が別の消費者金融会社を相手に同様の訴訟を起こし、
昨年10月までに和解などに至って、裁判は終了している。 

タグ:


ひとつ前のニュースは「貸金業者の少額訴訟急増 東京簡裁に専従部門発足」です。

次のニュースは「プロミス中国進出 年率40%程度で融資」です。

1.「過払いナビ」で弁護士相談する
返還手続きスケジュール
1.「過払いナビ」で相談する
2.弁護士・司法書士に依頼する
3.債権者に受任通知を送る
4.取引明細の開示請求
5.引き直し計算
6.過払い金の請求
7.和解(契約)書の締結